FEMALE

女性医師がおこなう女性に優しい内視鏡検査

FEMALE

女性医師がおこなう女性に優しい内視鏡検査

性医師による内視鏡検査

内視鏡検査を受ける際、男性医師から受けることに抵抗を感じる女性も少なくありません。特に、大腸内視鏡検査はおしりからスコープを挿入していくので、男性医師の検査だとストレスや不安を感じやすいと思います。内視鏡検査は、鎮静剤を使用して行いますが、緊張やストレスによって余計な力が加わると体への負担につながりやすいので、心理的な抵抗は極力無くしていくことが好ましいです。

当院は、ストレスなく内視鏡検査を受けていただくために、女性医師による内視鏡検査をお選びいただけます。気になる症状があっても、緊張や気恥ずかしい気持ちから検査を受けることを躊躇されている方も、安心してご相談ください。

女性医師

のような方にお勧めです

など

女性の方がリラックスして内視鏡検査を受けていただくために、女性医師による内視鏡検査をお選びいただけます。

女性医師による診察や検査をご希望の方は、ご予約時にお伝えください。

痛を抑えた内視鏡検査

当院では、体への負担を最小限にした胃カメラ・大腸カメラ検査を行っています。内視鏡検査を行う際は、鎮静剤を使用してウトウト眠っている状態で検査を受けていただくことができます。

胃がんや大腸がんは、早期発見できれば大変な治療を必要とせずに完治が見込めます。多くの方に気軽に内視鏡検査を受けていただけるように、当院では鎮静剤を使用した無痛内視鏡検査を行っています。

当院の胃カメラ、大腸カメラ検査については以下よりご確認ください。

内視鏡検査

2L下剤を飲まない大腸カメラ

大腸カメラ検査を受ける場合、腸内に食物などの残渣などが残っていると病変を見落としてしまう可能性があるため、事前に2Lの腸管洗浄剤を飲んで腸内を空にしておく必要があります。大量の水分を飲むのが苦手な方、下剤の味が苦手な方は、先に胃カメラ検査を行いって最後に内視鏡スコープを通じて十二指腸に直接下剤を注入する「内視鏡的洗浄液注入法」がお勧めです。

同日に胃カメラ検査と大腸カメラ検査の両方が受けられるというメリットもあります。

お電話でのご予約・お問合せ TEL.03-3525-7435
お電話でのお問合せ 電話予約
24時間いつでも受付 WEB予約
LINE
予約
求人
情報
PAGE
TOP